2004年01月
・01月17日(土)                                           
 市場新年祝賀会を終えて
 
 当市場開設以来恒例の新年祝賀会を、今年も関係者約400人を迎えて開催することができました。
 
 オープニングでは、このほど重文指定の運びとなった三社大祭のおはやしに乗せて、青果商業協同組合の八百理事長から威勢の良い木遣りが披露されました。
 
 来賓の大島前農水大臣は、祝辞の中で、今国会に提案される卸売市場法改正案の骨子を説明し、私ども業界の一層の経営努力を促しました。
 
 次いで、昨年、市場関係者として当市功労者を受賞された田端栄一郎氏と杉本喜春氏に対し、協力会から記念品を贈り、その功績を称えました。
 
 その後の祝宴のアトラクションには、あと一歩で紅白出場かというボーカルとピアノの女性グループによるミニコンサートを設けて、ちょっとおしゃれで大人っぽいムードを演出してみました。
  
・01月04日(日)
 新春ドラマ「マグロ・ボーイズ!築地市場純情物語」を見て
 
 木林森(こばやしもり)著『市場ボーイズ』(文芸社)を原作として、築地市場のマグロ専門仲卸を舞台に、ひとクセある社長とユニークな社員たちが繰り広げる青春ドラマが、テレビ朝日系で放送されました。
 
 一番の得意先だったスーパーのバイヤーさんから取引の継続を拒否され、窮地に陥る社長を小林稔侍さんが、実家の青果店が傾き、高校を中退して頑張る社員を、えなりかずきさんが好演しました。
 
 効率一辺倒でスーパーとの取引に傾斜し過ぎたツケが回って、突然 たち行かなくなってしまうという、水産に限らず我が業界にもよくある話で、年明け早々、身につまされてしまいました。
 
 どうやら今年は「リスクの分散」がキーワードになる、見直しの年となりそうです。得体の知れないBSE、コイヘルペス、鳥インフルエンザなども、人間の都合で無理を通してきた反動から発生しているように思えてなりません。
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク