2004年04月
・04月04日(日)                                           
 寂聴さんの月例法話会に出かけて
 
 
 県境を越えて間もなくの岩手県浄法寺町にある東北最古の名刹・天台寺で、瀬戸内寂聴住職による今年初めての法話会がありました。
 
 
 
 いつもは5千人以上詰めかける聴衆が、今回は前々日の名残の雪の影響で2千人ほどとなり、間近でゆったりと聴くことができました。
 
 寂聴さんは、既に80歳を超えたそうですが、張りのある声とユーモア たっぷりの話し振りは健在で、「最近の社会はイラクに自衛隊が派遣されたり、言論の自由が侵されたりして、戦前のようなキナ臭い世情になってきている」と警鐘を鳴らしました。
 
 来年の5月で晋山20周年になるとのことで、位が上(?)の護摩供養ができるハンサムな副住職がやっと着任し、本堂裏手に護摩堂が建立 されていました。
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク