E−Mail
arima@hachinohe-ichiba.com
TEL
0178-28-7561
FAX
0178-28-5906


2003年04月
・04月27日(日)
 名川町が「果樹の花見」を開催


 
 県立自然公園・名久井岳の山すそに広がる果樹園では、ウメの花が満開となりました。続いて、園地の周辺の桜も見ごろを迎えています。
 
 果樹の栽培が盛んな三戸郡名川町では、今年から「果樹の花見」を催しており、この後、プラム・サクランボ・リンゴなどの花を次々と楽しむことができます。
 
・04月22日(火)
 市民農園でも農作業始まる。
 
 まだ残雪で真っ白な八甲田の山並みをバックにして、八戸市農業交流研修センターの市民農園では、応募した人たちが春のすがすがしい日差しの中で作業を楽しんでいました。

 
・04月20日(日)
 蕪嶋まつりの朝

 
 3月5日にも紹介した、JR鮫(さめ)駅から徒歩15分位の蕪島(かぶしま)の朝の風景です。
 
 今日は蕪嶋神社の祭礼の日で、繁殖シーズンを迎えて島に飛来した数万羽のウミネコたちも、場所取りしながら賑やかにお祭り騒ぎをしています。
   
 
 この島に最寄りの鮫駅構内の桜が、このところ続いた陽気に誘われて咲き始めています。
 
 ちなみに、八戸からこの駅までのJR八戸線の愛称が、このほど「うみねこレール八戸市内線」と 名付けられました。

 
・04月13日(日)
 六ヶ所村でも残雪が消えて

 
 当市場から車で北に1時間ほどの六ヶ所村でも、すっかり畑から 残雪が消えて、ナガイモの春掘りが盛んに行われていました。
 
 林の後ろに見える、国内最大級の風力発電所「むつ小川原ウインドファーム」の22基ある巨大風車も、心地よい春風を受けて軽やかに回っていました。
 
・04月11日(金)
 変わった鯉のぼりが今年も



 昨年4月のこのコーナーで紹介した一風変わった鯉のぼりが、今年もお目見えしましたので、アップにしてご覧頂きましょう。
 
(写真左)
今月から日本郵政公社に衣替えした八戸西郵便局の、新幹線「はやて」と当市名物イカのコンビです。
 
(写真右)
ドリームサンワドー八食店の時節柄ちょっと気を引く組み合わせです。
 
・04月04日(金)
 地元産イチゴの入荷が本格化                                    

 
 今日は旧暦の3月3日にあたり、日中の気温も10℃を超えるようになってきました。
 
 当地方の特産品のひとつであるイチゴの主力品種「麗紅」が、甘い香りを漂わせて本格的に入荷し始めました。例年、来月初めがピークとなり、6月前半まで続きます。
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク