E−Mail
arima@hachinohe-ichiba.com
TEL
0178-28-7561
FAX
0178-28-5906


2004年08月
・08月29日(日)
 近くの水田にシラサギが飛来
 
 夏の猛暑の影響か、市場近くの休耕田に珍しく数十羽のシラサギが飛来しています。
 
 冷害に見舞われた昨年と打って変わって、今年の稲は生育が順調で、早くもこうべを垂れ始め、秋めいた風にそよいでいます。心配された台風被害もなく、刈り取り時期も例年より早まりそうです。
 
・08月07日(土)
 去りゆく夏を惜しむ青森のねぶた祭協賛花火大会
 
 東北最大級の夏祭り「青森ねぶた祭」のフィナーレを飾る花火大会が、今夜開催されました。打ち上げられた約9千発の花火で夜空が彩られ、会場一帯に立すいの余地もないほど詰めかけた見物客は、去りゆく夏を惜しみながら大きな拍手と歓声を送っていました。
 
 今年は50回目の記念大会とあって、併催のねぶた海上運行に弘前ねぷたと八戸から海路運ばれた三社大祭の山車が加わり、史上初めての県内三大祭りの共演となりました。
 
 ちなみに、こちらの祭り期間中の人出は、350万人に上ると予想されています。
 
・08月03日(火)
 日本一の山車まつり八戸三社大祭は今日が「お還り」
 
   
 
   
 
 当地方最大の夏祭りで約280年の伝統を誇る八戸三社大祭は今日、おみこしと山車の合同運行「お還り(おかえり)」が行われ、神事としてのお祭りをひとまず締めくくりました。
 
 国の重要無形民俗文化財に指定され、初めて迎えた今年のお祭りには、記録的な猛暑を吹き飛ばすように27台の豪華な山車が繰り出し、復活なった笹の葉踊りや江戸時代の屋台山車も注目を集めました。
 お祭りが終わったとたんに気のせいか涼しい風が吹き始め、秋の気配さえ漂ってきました。ちなみに当社では、今月に入ってすぐに盆用品の納入が始まっています。
 
(08月05日 追記)
 昨夜の後夜祭までの期間中、人出の合計は天候にも恵まれて77万人余となりました。(八戸観光協会発表)
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク