2002年7月
・7月27日(土)
 今月の新着図書
 
『禅寺のおばんざい』(西川玄房著・女子栄養大学出版部)
『夏野菜のひんやり料理』(林幸子著・家の光協会)
『たっぷり野菜のスパゲティ』(田口成子著・永岡書店)
『おいしいキムチと韓国料理』(慎月順著・家の光協会)
『図解 漬け物お国めぐり 春夏編』(農文協編・農文協)
『図解 漬け物お国めぐり 秋冬編』(同上)
『DASH村開拓記』(日本テレビ編・東京ニュース通信社)
『食の授業をデザインする』(谷川彰英著・全国学校給食協会)
『スーパーマーケット パートタイマーの教科書』(商業界)
『フードサービスの食中毒・衛生管理 完全対策』(中経出版)
『簡単!食品カロリー早わかりBOOK』(主婦の友社)
『外食・テイクアウトのカロリーガイドブック』(女子栄養大学出版部)
『日本農業の動き どう防ぐ「食の安全」崩壊』(農林統計協会)
 
・7月27日(土)
 今月の新着情報誌
 
『食と農のものしり百科』(農林水産省)
『ジュニア食料・農業・農村白書』(同上)
『外食産業データハンドブック2002』(日本フードサービス協会)
『外食店舗の厨房の安全衛生チェックリスト』(同上)
『外食店舗の店舗オペレーションチェックリスト』(同上)
『生鮮野菜生産高度衛生管理ガイド』(日本施設園芸協会)
『食品企業の行動規範および行動指針策定の手引き』
  (食品産業センター)
『やってみよう!誰かのためにしたいこと・できること』(文部科学省)
 
・7月23日(火)
 全青卸連の通常総会が神戸市で開催されました。

 
 中央市場青果仲卸組合の上部組織である全国青果卸売協同組合連合会の第13回通常総会が、あの大震災から7年経過して見事に復興した神戸市で開催され、全国各地の組合から200人以上の出席者がありました。
 
(社長日記にも書き込みがあります)
 
・7月22日(月)
 当社駐車場を子供会の「夏休みラジオ体操」に開放しました。 

 
 
 今朝から当社配送センターの駐車場の一部を会場にして、町内の子供会で実施する「夏休みラジオ体操」が始まりました。
 
 こんなことで、公共広告機構が提唱している「ちょボラ」をさせて頂きました。
 
・7月18日(木)
 東北新幹線八戸駅の見学会がありました。



 東北新幹線延伸の建設工事がほぼ完了し、試験電車「イースト・アイ」が初めて八戸駅まで走行してきました。
 
 これを記念して、12月1日の開業を待つばかりとなった新幹線八戸駅の構内自由見学会が開催されました。
 
・7月13日(土)
 第2回八戸青果市場セミナーを開催しました。


 当社が加盟している八戸青果卸売協同組合主催の標記セミナーが、あおもり県民カレッジ認定の公開講座として「きざん八戸」で開催され、約100人の参加者がありました。

 今回は市内常現寺住職・高山元延氏の、「いただきますの心」と題したご講演から、生命の元である「食べ物」の大切さを学ぶとともに、生命をつなぐ業界の役割について、自覚を新たにすることができました。
 (社長日記八戸青果卸売協同組合のページにも書き込みがあります)
 
・7月11日(木)
 当市場協力会が駅舎等整備基金に寄附をしました。
 
 当市場に入場している企業や団体で組織する八戸市中央卸売市場協力会が、市場開設25周年記念事業の一環としてJR「八戸駅舎等整備基金」に寄附をし、本日、八戸市長から感謝状を頂戴しました。
 
・7月8日(月)
 当社のHPも登録された「はちのへJP」が運用開始となりました。
 
 八戸市に関連した情報を網羅するポータルサイト「はちのへJP」が、今日から運用開始となりました。市独自のI T 推進計画により開設されたもので、当社のHPも登録されています。
 
 これにより、市内のあらゆる分野のHPを効率的に検索できるようになり、東北新幹線八戸駅開業を目前にして、情報発信機能の強化が期待されます。
 
・7月5日(金)
 当市場の仲卸組合が「あおもり県民カレッジ」に機関登録されました。
 
 このたび、当社も加盟している八戸青果卸売協同組合が、青森県 教育委員会を本部とする生涯学習機関「あおもり県民カレッジ」の連携機関として登録されました。
 
 これにより、当組合で主催する各種講座の受講者は、受講時間に 応じて「県民カレッジ」の単位も取得できるようになりました。
 
・7月4日(木)
 表示違反の罰則を強化した改正JAS法が今日から施行されます。
 
 2000年7月から、国は全ての生鮮食品に原産地の表示を義務付けましたが、輸入品を国産に偽装したり、国内の産地を偽装したりする事例が後を絶ちません。
 
 相次ぐ不正表示を防止するため、今回JAS(日本農林規格)法を 改正し、違反者への罰金を最高50万円から1億円に引き上げると  ともに、違反者名の公表もしやすくしました。
 
・7月2日(火)
 農水省の「食品流通研究会」が発足しました。
 
 消費者が納得する価格で食品を提供できるよう、流通の構造改革 を検討する「食品流通の効率化等に関する研究会」が農林水産省で発足しました。
 
 今後10回程度の会合を開き、卸売市場流通も含めた食品流通全体を検証して、生産・流通段階の高コスト体質を改善する施策を盛り込んだ方針を、年度内にとりまとめる計画です。
 
・7月1日(月)
 横浜市場の青果卸売会社も事業統合を発表しました。
 
 横浜市中央卸売市場に入場している卸売会社の横浜丸中青果と 金港青果が事業統合を行い、新会社による営業を来年4月から開始する計画を発表しました。
 
 先に発表された東京・築地市場の2社と同じ手法で一元化し、経営の効率化を図っていこうとするものです。
 
・7月1日(月)
 JR八戸駅の新駅舎が一部使用開始となりました。



 当社の配送センターから徒歩10分のところにあるJR八戸駅の新駅舎が、新幹線部分を除いて今日から使用開始となりました。

 駅舎をはさんで学区のある西園小と三条小の児童による、東西自由通路「うみねこロード」での綱引き大会などのセレモニーもあって、今日の駅周辺は祝賀ムードに包まれました。
 
 あとは暮れの12月1日に、新幹線のホームに「はやて」が姿を現すのを待つばかりとなり、駅東口のカウントダウンボードは残り153日を表示しています。
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク