2003年05月
・05月30日(金)
 今月の新着図書
 
『精進料理紀行』 藤岡良著(彩流社)
『イタリアン精進レシピ』 笹島保弘著(本願寺出版社)
『食べちゃダメ?』 正木英子監修(小学館)
『江戸売り声百景』 宮田章司著(岩波アクティブ新書)
『変わる家族 変わる食卓』 岩村暢子著(けい草書房)
『らっきょの汗が輝くとき』 岸ユキ・絵と文(家の光協会)
『植物と親友になるために』 金子和正著(講談社出版SC)
『食環境問題Q&A』 加藤不二男ほか編著(ミネルヴァ書房)
『今日からできる!エコ・クッキング』 東京ガス監修(近代映画社)
『オフィスのゴミは知っている』 鈴木将夫著(日本教文社)
『地場流通と卸売市場』 藤田武弘著(農林統計協会)
『野菜のフードシステム』 高橋正郎編著(同上)
『食料・農産物の流通と市場』 滝澤昭義ほか編(筑波書房)
『大衆消費社会の食料・農業・農村政策』
  大泉一貫著(東北大学出版会)
『青果物流通システム論のニューウェーブ』
  斎藤修ほか編(農林統計協会)
 
・05月27日(火)
 地震の被害なく平常営業
 
 昨夕、東北地方を襲った強い地震は、当地でも震度4を観測した ものの、幸い目立った被害はありませんでした。そして当中央卸売 市場も、今朝は平常通りに取引きが行われました。
 
 早速、お見舞いの連絡などをお寄せ頂き、厚く御礼申し上げます。
 
 (関連した書き込みが社長日記にもあります)
 
・05月14日(水)
 「SKIP(スキップ)」が東京・銀座に1号店をオープン
 
 衣料チェーン「ユニクロ」の青果販売子会社が、初の店舗「SKIP」を松屋銀座店地下食品売場にオープンしました。
 
 昨秋から始めた通販の実績が伸び悩んでいるらしく、実店舗を展開して巻き返しを図るため、年内に首都圏で5,6店を出店する計画 も明らかにしました。
 
・05月13日(火)
 青果物健康推進委員会が県支部設立準備会を開催

 
 健康を維持するために青果物摂取を勧める「ベジフルセブン運動」を推進している青果物健康推進委員会(本部東京)は、青森市中央卸売市場で県支部の設立準備会を開催しました。
 
 会合には、県内の流通、行政関係者約50人が出席して、東日本地域のモデル事業となるよう、全県的に運動を展開する支部を発足させ、今後の取り組み方を詰めていくことを申し合わせました。
 
 
・05月01日(木)
 東京都が市場向け危機管理マニュアルを策定                      
   
 東京都は、食品の安全・安心と安定供給の確保を目指して、卸売市場向けの「危機管理マニュアル〜For the Safe Market〜」を 全国に先駆けて策定しました。
 
 卸売市場の危機管理基本原則として
 
1.健康を損なう恐れのある食品は市場に受け入れない。市場から
  出さない。
2.食品事故の危害拡大防止のため、危険情報は迅速に公開する。
3.生鮮食料品の安定供給を図るため、市場機能を維持する。
 
の3点を掲げ、これを基にした危機管理の対象と対策のポイントを 流れ図にしてまとめています。(詳しくは東京都中央卸売市場のHP・行政情報コーナーをご覧ください)
 
 
前月 目次
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク