2004年05月
・05月31日(月)
 今月の新着図書
 
『食の世界地図』 21世紀研究会編(文春新書)
『世界地図から食の歴史を読む方法』
   辻原康夫著(KAWADE夢新書)
『食卓の向こう側@』 (西日本新聞ブックレット)
『食卓の向こう側A』 (同上)
『最新 危ないコンビニ食』 山田博士文(現代書館)
『嗜好品の文化人類学』 高田公理ほか編(講談社選書メチエ)
『味のなんでも小事典』 日本味と匂学会編(講談社ブルーバックス)
『ぴよぴよの農業たんけん』 日本農業新聞編(小峰書店)
『自給と産直で地域をつくる』 小松光一著(農文協)
『農家のマーケティング入門』 冨田きよむ著(同上)
『人を育て、村を育てる』 藤代弘之著(ベネット)
『直売所が農村を変える』 長谷川久夫著(同上)
『農産物直売所のチェックポイント』 青木隆夫著(同上)
『加工特産品開発読本』 鳥巣研二著(プロスパー企画)
『田舎のヒロインが時代を変える』 やまざきようこ著(家の光協会)
『どう変わる?青果物流通』 農業と経済5月臨時増刊号(昭和堂)
『青果物流通とマーケティング活動』 斎藤義一ほか著(筑波書房)
『食品市場の展開と地域フードビジネス』 
   美土路知之著(東京農業大学出版会)
『現代の食とアグリビジネス』 大塚茂ほか編(有斐閣選書)
『外食産業の経営展開と食材調達』 小田勝己著(農林統計協会)
『わが家と地域の自給エネルギー』 現代農業5月増刊号(農文協)
 
・05月29日(土)
 今年度の弘大八戸サテライト講演会が始まる
 
 昨年度の「野菜と健康」シリーズに引続き、今年度の弘前大学八戸サテライト講演会は、「自然と共に生きるサイエンス」をメインテーマとして4回シリーズで開かれ、八戸市中央卸売市場協力会も後援します。
 
 初回の今日は、遠藤正彦学長が「健康で120歳まで長生きしましょう」と題して、約100名の聴講者に健康長寿の秘訣を講演しました。
 
(当日のプログラムなどは、八戸青果卸売(協)のページをご覧ください)
 
・05月28日(金)
 青森市で「健康寿命アップフォーラム」が開催される
 
 全国最低レベルにある本県の健康寿命を改善するため、その原因を探るべく県が実施した研究事業の結果をもとに、今後の健康づくりへの理解を深めるフォーラムが、青森市で開催されました。
 
 席上、調査にあたった研究者から、他県に比べると@喫煙・飲酒率が高いA肥満の人が多いB食生活やライフスタイルの関心度が低い-などの指摘がありました。
 
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク