2004年07月
・07月31日(土)
 今月の新着図書
 
『農から見た日本』 山下惣一著(清流出版)
『食べものは みんな生きていた』 山下惣一著(講談社)
『個の時代のむらと農』 大泉一貫著(農林統計協会)
『安全食品 農薬を知ろう!』 鈴木啓介著(文芸社)
『沖縄が長寿でなくなる日』 沖縄タイムス編(岩波書店)
『おとなのための食育入門』 現代農業8月増刊(農文協)
『私の牛がハンバーガーになるまで』 
  ピーター・ローベンハイム著(日本教文社)
『箸の上げ下ろし』 酒井順子著(NHK出版)
『京都人の舌つづみ』 吉岡幸雄著(PHP新書)
『恥をかかない和食の作法』 市田ひろみ著(家の光協会)
『旬の食材 四季の果物』 講談社編(講談社)
『イタリア野菜のABC』 長本和子著(小学館)
『フレッシュ&サワードリンク』 小山律子著(家の光協会)
『決定版 おいしい野菜料理』 (主婦の友新実用BOOKS)
『REFRESH 野菜美人U』 長谷川理恵著(フジテレビ出版)
『しずおか野菜のしあわせレシピ』 (静岡新聞社)
 
・07月27日(火)
 石川県で全青卸連通常総会が開催される
 中央卸売市場青果仲卸組合の上部組織である全国青果卸売協同組合連合会の第15回通常総会が、石川県和倉温泉で開催されました。
 
(詳しくは八戸青果卸売協同組合のHPをご覧ください)
 
・07月24日(土)
 弘大サテライト講演会が開かれる
 「自然と共に生きるためのサイエンス」をメインテーマに当市場協力会も後援する、今年度2回目の弘前大学八戸サテライト講演会が、八食センターで開かれ、夏休み期間とあって高校生の受講者が目立ちました。
 今回は「農業と野生の生き物」と題して東信行助教授から、「三内丸 山遺跡にみる縄文時代の植物利用」と題して石川隆二助教授から講 演して頂きました。
 
(詳しくは八戸青果卸売協同組合のHPをご覧ください)
 
・07月24日(土)
 「朝から元気!夏の親子しじょう見学会」が開かれる
 子ども達の夏休み期間を利用した我が組合主催の早朝市場見学会が、昨年度に引続いて開かれ、11組31名の親子の皆さんに参加して頂きました。
 
(詳しくは八戸青果卸売協同組合のHPをご覧ください)
 
・07月22日(木)
 都内で食育シンポジウムが開催される
 ベジフルセブン運動を推進する青果物健康推進委員会などの主催で、「野菜生活を始めよう!食育シンポジウム」が都内で開催されました。
 
(詳しくは八戸青果卸売協同組合のHPをご覧ください)
 
・07月22日(木)
 今年も子供会のラジオ体操が始まる
当社もできる「ちょボラ」のひとつ、配送センター駐車場を使った町内子供会の夏休みラジオ体操が、今年も今朝から始まり、子ども達の 元気な声が響きわたりました。
 
・07月07日(水)
 「あおもりベジフルセブン運動」の統一キャンペーン始まる
 ベジフルセブン運動県内版の 定着を目指す「あおもりベジフルセブン運動」推進委員会の呼びかけに、県内一円からスーパー・小売店約110店舗が応え、今日から統一キャンペーンがスタート しました。
   
 参加した各店舗では、「7の付く日はベジフルセブン!」を合い言葉に、 これから月に3回、キャンペーングッズで賑やかな売場を演出し、買い物 客に「健康のために、もっと野菜と果物を」とアピールして行きます。
 
(関連した書き込みが、社長日記八戸青果卸売協同組合のページにもあります)
 
 
 
前月 目次 次月
トップ / ご挨拶 / トピックス / 会社概要

社長日記 / 市場の四季 / お役立ちリンク